妊娠中の貧血を改善

ふらつきはもう嫌

*

妊娠中に貧血になりやすい理由と胎児への影響

妊娠すると、貧血になる人が多くなります。
妊娠前は全く貧血に縁がなかった人でも、後期になると貧血と診断されてしまうことも。

では一体なぜ、妊娠すると貧血になりやすいのでしょうか。
妊婦さんが貧血になりやすい理由と、胎児への影響を調べてみました。

妊娠中に貧血になる理由

妊娠すると、胎盤を通して胎児に栄養や酸素を送る必要があります。
その胎盤を形成したり、胎児に栄養を届けるためには、血液が必要です。

そのため、妊娠すると体内の血液量が増え、通常時の1.4倍程度になると言われています。
しかし、血液量が増えても、血液中に含まれる赤血球の増加が追いつかず、血液が薄まった状態になり、貧血になってしまうのです。

中期~後期になるにつれ、血液量もどんどん増加するため、後期では全体の3~4割程度の妊婦さんが貧血と診断されています。

胎児への影響

妊娠中には、栄養素が優先的に胎児に運ばれるため、貧血になったからと言ってすぐ胎児に影響が出るわけではありません。
しかし、対策をせずに放置して貧血の状態が長く続いたり、重度の貧血になってしまうと、胎児へ送られる栄養が不足するため、影響が出る場合があります。

胎児への影響は、時期によって異なります。
妊娠初期は、胎児の体が形成される重要な時期です。
そのため、この時期に重度の貧血になると、何らかの障がいが起こったり、奇形になるリスクが高くなります。
妊娠中期~後期は体の組織のほとんどが形成されている状態のため、貧血になっても奇形になるリスクは低くなりますが、低体重児の確率を高めることが知られています。

妊娠前から貧血気味だった人は、妊娠中にも貧血になることが多いでしょう。
慣れているから、たかが貧血だからと放置すると、胎児に重大な影響を与える可能性があります。
また、妊婦さん自身も立ちくらみや転倒を起こしやすくなったり、出産時に出血量が増えるなどの影響もあるのです。

妊娠中の貧血は放置せず、早めに対策をしていきましょう。

 - 妊娠中の貧血