妊娠中の貧血を改善

ふらつきはもう嫌

*

妊娠中もひどかったけれど、産後の貧血もひどかった

妊娠している時から貧血気味でしたが、出産してからがひどかったです。特に、産後は自分でなかなか食事を作るということができなかたので、貧血はどんどん酷くなりました。最終的には立ち上がることも難しくなり、病院に行って鉄剤を処方してもらうことになりました。

もともと貧血気味だった

妊娠前もどちらかといえば貧血気味で、健康診断で指摘されることがありました。でも、普段の生活にはそんなに影響がなかったので、あまり気にはしていませんでした。たまに、疲れるとめまいがしていたので、その時にはコンビニで鉄分入りの飲み物を買ったり、プルーンを食べたりして鉄分を補っていました。

そんな私が妊娠したら、だんだんと貧血の症状がひどくなっていきました。妊娠初期の頃は全然気にならなかったのですが、お腹が大きくなってくるに6ヶ月頃になると、目の前が突然真っ白になったり、ふらついたりするようになりました。

それを見た夫が「これは大変だ」と言い、なぜか水素水を大量に注文しました。なぜ貧血に水素水なのかはわかりませんでしたが、妊婦に良いということを何処かで聞いたらしく、水素水を1日2リットル飲むように言われました。

でも、どう考えてもただの水が貧血に効くわけでもなく、むしろ体から鉄分が出て行ってしまいそうで、そんなに飲むことはできませんでした。ただでさえ、お腹が大きくなり、胃が圧迫されているのに、水を大量に飲むなんていうことは無理です。それに妊娠している時って、頻尿になりますよね。まだ妊娠していても働いていたため、そんなにトイレに行くこともできなかったので、結局飲むふりをしてほとんど飲んでいませんでした。

どうしたかというと、一緒に医者に診てもらった

夫が水素水を飲めなど、訳のわからないことを言い続けるので、嫌になって一緒に病院に行きました。そして、そこでヘモグロビンの値を測ってっもらい、どうしたら良いか医師に相談しました。

「水素水はどうですか?」と聞いたところ、「意味ありません」という回答だったので、それから夫が「水素水を飲め」というとこは無くなりました。本当に良かったです。あのままだったら本当に辛かったです。

結局、あまりにも貧血がひどかったので鉄剤を処方されました。そして貧血の症状は改善されました。が、便秘がひどくなりましたが···これは仕方がないのかもしれませんね。そして、あの鉄剤の味が苦手です。

 - 妊娠中の貧血