妊娠中の貧血を改善

ふらつきはもう嫌

*

貧血体験談①

いろいろな貧血体験談をご紹介します。貧血の解消にお役に立てれば幸いです。

鉄分補給はお菓子感覚で

妊娠中に、生まれてはじめて貧血になりました。それまではまったくそんなことはなかったので、自分でもなると思っていなくてびっくり。
やっぱり妊娠って、大変なことなんだなあと改めて思ったことを思い出します。
鉄剤を処方してくれる産婦人科も多いと思いますが、飲みにくい、というのをほかの人によく聞いていたので、なるべく飲みたくありませんでした。
食事から取るのも限界があると思い、サプリメントと、鉄分ゼリーを毎日摂取していました。
特に鉄分ゼリーはおすすめです。
妊娠中、中期、後期になってくると、体重とのたたかいになります。もちろんうまくコントロールできる人もたくさんいますけど、多くの妊婦さんは、毎回検診のときの体重測定がゆううつな人も多いと思います。増えすぎると注意されるけど、でも食欲は旺盛になるばっかりで。
そんなときに、鉄分ゼリーをおやつがわりに食べると、ひとつぶだけでも、甘いので結構満足感が得られます。
鉄分を摂ってるんだと思えば罪悪感もないし、実際鉄分だし、一石二鳥です。
わたしは産婦人科で売っていたものを買いました。薬局にもあるようです。
一口サイズで、ぐにぐにとした食感で、グミキャンディみたいな感じでおいしいです。

産後の貧血に悩んだ経験があります

二人目の出産時、お産自体は安産だったのですが、思っていた以上の出血があり、しかも産後もしばらく出血が止まらずな状態でした。出産して1週間後に無事退院はできましたが、退院後も産婦人科に通っておりましたしお薬も服用しておりました。程なくして出血も止まり安心と思っていたらその頃からでしょうか?今度は貧血の症状が現れるようになったのです。

2人の子供の育児に追われ、自分の身体をケアできず貧血に悩みながらも数週間頑張っていたのですが、やはり無理は続かないものです。次第に普通の生活を送ることが難儀になってきて悩んでいた折に口コミで聞いたサプリ、それが”ベルタ葉酸サプリ”です。私の場合出産と産後の大量の出血に加えて授乳をしていたために、自分の身体に必要な鉄分が間に合わなくなってしまったことが貧血の大きな原因だと思います。このサプリを飲み始めるとすぐに自分の身体が変わっていくのを感じました。もちろん食生活もできるだけ鉄分の多いレバーや緑黄色野菜を摂取するようにも心がけましたが、たはりサプリの効果が私の貧血緩和のネックになったんじゃないかな?と今振り返って思いました。

造血に関係ない栄養素の過剰症を防ぐことを優先させた

赤ちゃんと栄養素を折半することになるので、もともと貧血気味で悩んでいた私は妊娠中にはいつもフラフラしていました。産婦人科に通うときが一番辛くて、自家用車ではなくタクシーを利用することが多かったです。座っているときは何ともないのですが、立ちくらみで家具の角に頭を打ち付けて出血したことがありました。怪我の手当をしている間には、母体が傷だらけになっては赤ちゃんに悪い影響が及ぶのではないかと心配になってきました。そのため、祖母に相談した結果としてほうれん草を食べて造血を頑張ろうと考えたのです。
ほうれん草を買いに出かけようと思ったときに、私はあることを思い出しました。鉄分意外にも、さまざまな栄養素がほうれん草には含まれていることです。多彩な栄養素を摂るのは赤ちゃんにとって良いことかもしれませんが、私の場合は事情が違いました。栄養士である友人に依頼して、妊娠中に栄養素をバランス良く摂れる献立を考えてもらっていたのです。ですから、ほうれん草ばかりを食べていると、何かしらの栄養素の過剰症を引き起こすのではないかと思いました。栄養士の友人は海外遠征中のスポーツクラブに同行していたので、独断で鉄分サプリメントを服用することになります。1週間すると気分が良くなって、産婦人科にも通えるようになりました。
貧血改善のために造血をするなら、鉄分サプリメントが効果的だと思います。

 - 妊娠中の貧血