妊娠中の貧血を改善

ふらつきはもう嫌

*

貧血体験談②

貧血の体験談をご紹介します。貧血を解消するヒントになれば幸いです。

貧血妊婦ママの過ごし方

私には2人子供がおりますが、妊娠中何度も貧血になることがありました。
妊娠初期はつわりが酷くて外出できないかったので、家でゴロゴロしていたせいか貧血に気づかなかったですが、
お腹が膨らみだした5か月あたりから、貧血に悩まされました。
例えば、電車で10分程の距離でも立っていると血の気が引いてくるのがわかるので、一駅ずつ降りてベンチに座り落ち着いたらまた電車に乗っていました。
電車に乗る日は、時間に余裕をもって出かけるように心がけていました。
主人がお休みの日は車に乗せてもらい出かけるようにしていました。
ただ、お腹が大きくなると車の座席に座っていても貧血になります。そんなときはお行儀が悪いですが、足を上げてダッシュボードにかけていました。
それでも酷いときは後ろの座席で窓に足をかけて寝ころんでいました。
2人の子供はそれぞれ違う産婦人科で出産しましたが、1人目の子供の妊娠中は造血剤を2人目のときは葉酸を処方されていました。
それから、妊娠中の貧血と関係ないかもしれませんが、私には子宮筋腫があるのでもともと生理の量も多く貧血になりました。
もしかしたら、私のように子宮筋腫があるかたは貧血になりやすいのかもしれませんね。
妊娠中の食事は塩分をなるべく抑えて、あまり好きではないですが、レバーの焼き鳥をよく食べていました。
貧血の予防になると聞いていたので、もし焼き鳥を食べるならレバーを食べたほうが良いと思います。
即効性は感じられませんでしたが、目の前が真っ暗になり気を失うほどの貧血になることはなかったので、食事での予防も大事だと思います。

貧血とむくみに悩まされた妊娠後期

私は妊娠する前から貧血気味でした。
体調もすぐれない毎日で、一時は栄養不足で倒れた経験も…。

妊娠をしてすぐ血液検査をしましたが異常なし。
お医者さんからも特になにも言われず、食べられるものを食べて毎日を過ごしていました。

初めての出産だったので里帰りをすることに。
やはり実家だと栄養満点でバランスの良い食事を食べることが出来て、異常なく出産を迎えられるなと思っていました。
しかし、産院で最後の血液検査をしてみると貧血を指摘されました。
この時すでに予定日を1ヶ月きっていて、治療が間に合わないと言う事で注射を打ちに毎日通うハメに。

指摘されてからと言うもの、母が余計に鉄分多めの食事を作ってくれました。
出来合いのものでもいいからとにかく鉄分を!と言う事でスーパーの惣菜や、サプリメントも摂っていました。

そして何事もなく無事出産。
今度は母乳の為に栄養を摂らなくては、と思って緑黄色野菜やお肉などをたっぷり摂りました。
そのおかげか、産後の血液検査で貧血に引っかかりませんでした。

やっぱり食事は大事です。
鉄分の多いものだけ摂ってればいいわけでもないので、バランスよく。
そして自分の気になるところ(貧血だったり塩分だったり)を補っていくと良いと思います。
サプリメントも効率よく摂れると思いますが、まずは食事から見直していきましょう。

 - 妊娠中の貧血