妊娠中の貧血を改善

ふらつきはもう嫌

*

鉄分を食品から摂るのが一番よかった

子供の頃から貧血気味だった私。
学生時代は朝礼で、社会人になってからは通勤電車でしゃがみ込むのはしょっちゅうでした。

そんな私も結婚し、子供を授かりました。
話には聞いてはいましたが、妊娠中は鉄分が赤ちゃんにとられてしまうとの事。
案の定、定期検診ではいつも鉄分不足を注意され鉄分のサプリメントを処方されていました。

こんな事ではいけないと自分でも飲み物や食べ物から鉄分を補えるものはないか色々と調べてみました。
鉄分の代表といえばまずレバー。

しかしレバーが大嫌いだった私。そりゃ慢性的な貧血だと言っても当然ですよね。
まずはこれを克服しようと比較的レバーの味をごまかせるレバニラ炒めを食べるようにしました。
レバーを触る事さえ抵抗のあった私は、自分で作る事が出来なかった。

だからレバニラ炒めは市販のものを買って、そこに沢山の野菜を追加し食べるようにしました。週に一度はレバニラ炒めが食卓に並んでいました。

あとは水分からもと思い、鉄分が多く含まれている乳飲料や、あるスーパーでしか売られていないのですが、鉄分が含まれている微炭酸のリンゴ酢ソーダをよく飲むようにしました。

意外とヒットだったのはそのリンゴ酢ソーダ。

妊娠中私は特に炭酸が欲しくてたまらなかったんですが、そんな気持ちも満足させてくれたそのソーダには随分助けられましたね!

しかし糖分も含まれているので妊婦さんは飲み過ぎは注意しないとなと一日に飲んでも二本と決めていました。
すると妊娠の後期は鉄分不足も解消され、サプリメントの処方もされないようになりました。

私と同じように妊娠中鉄分不足に悩んでいた友人にそのドリンクをプレゼントしたら友達も口に合ったみたいで産後も継続的に飲んでいたみたいです!”

 - 妊娠中の貧血